2014年10月16日 (木)

大根の間引き

一雨ごとに秋も深まっていきます。

種まきした野菜は間引きがとっても大切な作業。
間引きすることで、残った芽が大きく生長しますが、
根菜類は特にその必要性を感じます。
もったいないと思っても、思い切って間引きしてくださいね☆

20141016

野菜の大きさに比例して最終の株間も変わってきますが、大根は30cm。
点まきして3本立ちになっていますが、最終的には1本立ちになります。

大根の間引くタイミングは、
1回目が本葉3〜4枚のころ、2回目が本葉6〜7枚のころです。

写真は、双葉の後に大根らしい本葉が4枚出ています。
1回目の間引きの時期なので、3本立ちから1本間引いて2本立ちにしました。

大根の間引き菜は、栄養たっぷりで美味しいです!
お味噌汁の具や菜飯にするのがおすすめ。
大根の菜飯のレシピはこちら
「なめし」と読むのですね。今まで間違えていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木)

大根とカブの種まき方法

秋雨前線の影響で、ぐずついた天気が続いています。
うかつにも風邪を引いてしまいました。
みなさまも季節の変わり目、お気を付けください。

先日種をまいた野菜もしっかり芽が出ていました。
アブラナ科の野菜の双葉は、♡型。

201410011

こちらは、大根の双葉です。

1ヶ所3粒の点まきで種をまきます。最終的には間引きして1ヶ所1本に。
点まきとは、一定の間隔をあけて数粒ずつ種をまく方法です。
トウモロコシやオクラなど大きくなる野菜向き。
株と株の間隔(株間)は、30cmとって。

201410012

こちらは、カブの双葉です。

株間1cm〜2cmの条まきで種をまきます。
条まきとは、真直ぐに浅い溝をつけたところに列状に種をまく方法です。
リーフ系の葉菜類や根菜類向き。
列と列の間隔(条間)は、15cm。

種をまいてから3〜4日で芽が出てくるなんて、生長の早さに驚かされます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

ダイコンとコカブの間引き

こんにちは。
日曜日の昼下がり。

10月3日に種まきしたダイコンとコカブですが、
本葉3〜4枚になったので1回目の間引きをします。

ダイコンは、1箇所3粒まいたので、1本抜いて2本立ちに、
コカブは、葉が重なりあっているところを間引きしました。

1010241

間引き作業は、のちのちの生長に影響しますので
思い切ってしてくださいね。

間引き菜だけでも、ちょっとした収穫です♪

お味噌汁に入れても良いですが、
こんな風にサラダで食べてもおいしいですよ〜

1010242

間引き菜を食べられるのは、家庭菜園での楽しみの1つです♫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

ダイコンとコカブの発芽

こんにちは。

種まきから5日目。
ハート型のかわいい双葉をのぞかせてくれました。

こちらがコカブ。
1010051

こちらがダイコン。
1010052

根菜類の種は、直まきにします。
根がまっすぐ伸びるので、移植が難しいからですbud

| | コメント (0) | トラックバック (0)