« 春夏野菜の準備 | トップページ | お家でみそづくり »

2017年3月 9日 (木)

じゃがいもの浴光催芽

じゃがいもの種類もいろいろあるので
何の種類にしようかなと迷いますよね。

今年は、毎年人気の「アンデス赤」と
煮崩れしにくい「とうや」の2種類を選びました。

じゃがいもの種芋を箱の中に入れたままにしておくと
芽がひょろひょろと折れやすくなってしまいます。

20170309

そこでお日様に当てて、丈夫な芽を出して。
良い種芋を選んで植えるとその後の育ちが良くなりますよ。

置き場所。日陰なのか日向なのか悩んだときもありましたが。
日当たりの良いところに置いています。
雨が降ったり凍ったりすると困るので夜は室内に入れています。
3週間ほど浴光催芽して芽が5mm前後になったら種芋の準備は完了!

その後、大きい種芋は切って、小さい種芋はそのまま植えていきます。


|

« 春夏野菜の準備 | トップページ | お家でみそづくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547087/64995540

この記事へのトラックバック一覧です: じゃがいもの浴光催芽:

« 春夏野菜の準備 | トップページ | お家でみそづくり »