« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月に作成された記事

2017年3月31日 (金)

バジルの種

今日で3月も終わりですね。

201703311

この種はというと。
バジルの種です。

5月にトマトと一緒に植えるため、
種まきして育苗していきます。

201703312

品種は、Franchi社のイタリアンクラシコです。
香り高く葉がやわらかく美味しいバジルで、
ジェノベーゼソースにぴったりです!

品種までこだわると種から育てることになりますね☆

ネットショップのナチュラル・ハーベストでは
イタリアやフランスの珍しい種も扱っていますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月30日 (木)

ラディッシュの種

コブシの花も咲いて
種まきできる野菜も増えてきました。

ラディッシュもそのひとつ。

20170330

できれば種からこだわりたいなと思っていて。
ラディッシュは固定種を選びました。
赤丸二十日大根のコメットという品種です。

固定種は、代々種採りされてきた種。

F1(一代交配種)は、
好ましい性質(収量、味、耐病性など)が出るように人為的にかけあわせた種。

市場に出回っている野菜のほとんどはF1種になります。

固定種のラディッシュを育てるのは初めてなので、
味、形、収穫量などまた結果を報告できたらと思います!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

高坂千春さんのスープマグ

今日は昨日より暖かく感じられた1日でした。

高坂千春さんの陶展に行ってきました!

201703282

初日に頼んで買ってきてもらった器も合わせて。

201703281

今年は、スープマグが我が家に仲間入り。
スープをたくさん飲みたいなと。
一番小さいサイズはディップや調味料なども入れようかなと思っています。

モダンでいてどこか懐かしい、そして飽きのこないデザイン。
軽くて丈夫で使いやすいのも高坂千春さんの器の魅力です☆

益子の陶器市にも出品されるそうですよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

種まき桜

20170327

桜より一足先に花を咲かせているのがコブシです。

種まき桜、田打ち桜とも呼ばれ、
種まきや田起こしの合図になるお花です。

今日は雨も降って冬に逆戻りの寒さでしたが、
一雨ごとに暖かくなっていくようですね。

ソメイヨシノの見頃も、もうすぐですcherryblossom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

高坂千春さん陶展 2017

今日は冷たい雨が降り続きrain
こんな日は、農作業できません。

大好きな作家さん、高坂千春さんの陶展。
2017年も始まりました。

20170326

毎年楽しみにしていて初日の開店と同時に行きたいくらいなのですが
今年は講座と重なってしまって残念。

3月25日〜31日まで。
吉祥寺mist∞のブログで詳しく紹介されています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

講座*ジャガイモの植付け

土日はオークファームで野菜づくり講座です。
お天気も良く農作業日和になりましたsun

ジャガイモが好む土の酸度などの豆知識も交えて。
作業内容と種まき、水やりの方法をお話しました。

そして、ジャガイモの植付けです!

20170325

その他、ラディッシュ、ルッコラ、サラダミックスの種まきもして。
トマトを植付けるまでの場所を有効活用していきますwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

ジャガイモの植付け

ジャガイモの準備ができたところで植付けです!

いつもは畝を立てますが、今回は畝を立てずに
植付けしました。

出たばかりの芽が折れたり、芋が土から出てしまうくらい
風が強い場所なので。

土寄せをたくさんできるように、畝を立てずに
10cmほど溝を掘って種芋を置いていきます。

20170324

株間は30cmくらい。

間に肥料を置きます。
米ぬか、おから、油粕が原料のボカシ肥料と
リン酸肥料のグアノ少々。

土をそっと戻して、植付け完了です。

畝を立てないで植付ける方法は、
水たまりができてしまうような水はけが悪い畑では
種芋が腐ってしまうこともあると思うのでご注意ください☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

ジャガイモの種芋を切ったら

昨日はジャガイモの切り方でしたが
今日はその後の処理について。

病原菌の感染を防ぐための方法です!

方法1
風通しのよい場所に一昼夜以上置いて切り口を乾燥させます。
表面が黒っぽくなりますが大丈夫。

方法2
切ったら切り口にじゃがいもシリカをつけます。
すぐに植付けできます。

20170323

じゃがいもシリカは、珪酸塩白土で100%天然由来。
ミネラルを含み、腐敗を防いだり、芽や根の生長促進など良いこともたくさん。


昔は草木灰をつける方法が主流でしたが、
草木灰はアルカリ性で、そうか病の原因になると考えられ、
最近では使われなくなってきています。

次は、いよいよ植付けですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

ジャガイモ種芋の切り方

ジャガイモは、育てやすいお野菜なので
初めての方にもおすすめです。

浴光催芽で5mmほどの元気な芽が出てきました。

植付け準備で、種芋を切りました。

切る方向によってその後の育ちが変わりますよ。

201703221

へその場所を確認して。
ジャガイモには、親株とつながっていたへそのような部分があります。

へそから維管束が伸びているので
それと平行になるように縦に切ります。

201703222

横に切ると維管束を切断してしまうので
縦に切るのがポイントです!

芽がなるべく均等になるように切り分けて。

201703223

30〜40gより小さい種芋は、切らずに丸のまま使います。

種芋の数が足りていれば無理して切らなくても大丈夫。
たくさん芽が出てきますが芽かきすれば育てられます。

明日は、種芋を切った後の処理についてです☆


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

ジャガイモと相性の悪い野菜

今日は一日冷たい雨でした。

ジャガイモの植付け時期は、
温暖地で2月下旬〜3月下旬。
寒冷地で3月下旬〜5月上旬が目安です。
今週末の講座でジャガイモ植付けします。

一緒に植えると相性の良い野菜をコンパニオンプランツといいますが、
逆のパターンもあります。

ジャガイモと一緒に植えると相性の悪い野菜は、、、
トマト、ナス、ピーマンやキャベツなどのアブラナ科。
混植すると生育が悪くなると言われていますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

春分と野菜づくり

3月20日は春分です。
昼と夜の長さが同じ昼夜平分の日。

これから日が少しずつ長くなっていくと
思うと嬉しいです♪

18時近くでこの明るさです↓

20170320_2
[黄昏時、小松菜のお花]

春分の日を中日として、
その前後の3日を合わせた7日間が春の彼岸です。

暑さ寒さも彼岸までと言われますが、
野菜づくり、始めるのに良い時期となりました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

野菜の和風オイル煮

畑の片隅に生えていたアブラナ科の野菜。

交雑してしまっていて何の野菜かわからないのですが、
食べられることは間違いない!ということで持ち帰って食べてみました。

20170319

今回は和風のオイル煮で。

鍋にざく切りにした葉を入れ
オリーブオイルを回しかけ、
塩をパラパラと加えて、
蓋をして蒸し煮にしていきます。

途中かき混ぜて、葉がしんなりしたらお皿に盛付けます。
かつおぶしと醤油をかけていただきます。

かさが減り味もシンプルなので、たくさん食べられますよ。

おひたしも美味しいですが、オイル煮も簡単なのでお試しください☆
野菜の洋風オイル煮のレシピは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

ルッコラの花

地味だけど可憐な花を見ると癒されます。
久々の野菜の花はこちら。

20170318

ルッコラ(ロケット)のお花です。
春になると白い十字のお花を咲かせます。

このお花、食べられます!
花も葉と同じようにゴマ風味で。
サラダのトッピングにすると素敵ですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

自家製ローリエ

月桂樹の木は大きく育ちますが、
大きくならないように低く切り戻ししています。
「コピシング」とも言われている方法です。

枝が伸びたら切って、葉を収穫して、干して。

20170317

葉を日陰干しして乾燥したら
自家製ローリエのできあがり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

サツマイモの茎 水耕栽培

20170316

秋に摘んだサツマイモの茎を飾っています。

水につけるとすぐに根を伸ばし育てやすいですよ。

水耕栽培という大げさなものではなく
コップに入れた水が減ったら足すだけ。

霜にあたらない室内では、元気に葉を増やしています。

ちょっとした緑が部屋にあると癒されます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

土1gには何匹の微生物?答え

寒の戻りで寒い1日でした。

有機物たっぷりの土1g には何匹の微生物がいると思いますか?

クイズの答えは、、、
数億〜数兆匹!
1gにですよ〜

以前見たことがあるのですが。
土の中にいる微生物のDNAを発光させた顕微鏡写真を見ると
まるで幾千の星のように輝いていました☆

土をさわるときは、生き物をさわるように大切にと思っています。

微生物について興味がある方は、
横山和成先生監修の図解でよくわかる「土壌微生物のきほん」
という本がおすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

土1gには何匹の微生物?

土づくりのときにお話することなのですが。

いきなりですがクイズです!

20170314

有機物たっぷりの土1g には何匹の微生物がいると思いますか?
1円玉が1gなのでそれと同じと考えてください。

答えはまた明日☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

つるなしスナックエンドウの種まき

エンドウ豆の種まきをしました。
つるなしスナックエンドウ「スナック2号」。

11月につるありスナックエンドウの種をまけなかった、、、
というときにおすすめですよ。

この品種は、一般地で2月下旬〜3月中旬まで種まきできます。

株間10cmくらい、1ヶ所2粒点まきします。

20170313

じゃがいもの前に一足先にエンドウ豆から。
今年は初めてのチャレンジです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

講座*土づくり

土日はオークファームで野菜づくり講座です。
いよいよ新しい期のスタート。

講座では、土づくりを行いました。
「野菜づくりは土づくり」とも言われるくらい大切な作業です。

20170311

土づくり資材、いろいろあるので迷いますよね。

腐葉土堆肥と海藻粉末、竹炭をまいて
鍬でよく耕しました。

土の中にいる微生物のご飯とお家の役割をしてくれます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

お家でみそづくり

201703101

みそづくりの材料が昨日届きました!

仕事先ではみそづくり教えていましたが、
家ではなかなかできなくて。
子供が産まれて以来です。

材料が届いたらすぐみそづくりとはいかず、、、
大豆を水に浸けてからのスタートです。
冬場は本当は18時間くらい水に浸けると良いのですが。
急ぐのでちょっと時間短縮。

大豆をコトコト煮ること4時間。
指先で簡単につぶれるくらいの固さまで煮ていきます。

麹と塩をまぜて。

201703102

つぶした大豆とあわせて。
みそ玉づくり。

201703103

小さいみそ玉をつくって容器に並べる息子。
一緒にみそづくりできました。

麹は、玄米麹。
はじめてなのでどんな味のみそができあがるか
楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

じゃがいもの浴光催芽

じゃがいもの種類もいろいろあるので
何の種類にしようかなと迷いますよね。

今年は、毎年人気の「アンデス赤」と
煮崩れしにくい「とうや」の2種類を選びました。

じゃがいもの種芋を箱の中に入れたままにしておくと
芽がひょろひょろと折れやすくなってしまいます。

20170309

そこでお日様に当てて、丈夫な芽を出して。
良い種芋を選んで植えるとその後の育ちが良くなりますよ。

置き場所。日陰なのか日向なのか悩んだときもありましたが。
日当たりの良いところに置いています。
雨が降ったり凍ったりすると困るので夜は室内に入れています。
3週間ほど浴光催芽して芽が5mm前後になったら種芋の準備は完了!

その後、大きい種芋は切って、小さい種芋はそのまま植えていきます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

春夏野菜の準備

春夏野菜を育てる時期がついに来ました!

じゃがいもから始められる方も多いと思います。

まずは大事な土づくりから。

固いところもあるので、1回耕してから
堆肥などの資材を入れていきます。

20170308

最近わかったことなのですが、
耕しすぎは、団粒構造を壊してしまったり
作土層の下に固い層ができてしまう原因になると思っています。

耕しすぎないように気を付けていますconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

お気に入りのピーナッツペースト

20170307_2

最近お気に入りなのが、
Bocchiのピーナッツペースト。
HPも素敵です。

入っているものは、千葉県産落花生と北海道てんさい糖、国産塩だけ。
素材にこだわってつくられているので、落花生のおいしさが引き立ちます!

クランチ、シュガー、プレーンの3種類ありますよ。

つぶつぶタイプの「クランチ」は、パンやパンケーキに。
なめらかタイプの「シュガー」は、お菓子やパンづくりに。
落花生だけでつくられた「プレーン」は、お料理などに。

パンにぬって食べるなら「クランチ」ですね。
以前、砂糖が入っていないピーナッツペーストを間違って買ってしまって。
砂糖が入っているか入っていないかチェックして、
用途に合わせて購入すると失敗ないなとcoldsweats01

体にやさしいもの、おいしいものを見つけたらまたご紹介していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

白菜の蕾

アブラナ科の野菜が黄色いお花を咲かせています。
ナバナ、ブロッコリー、小松菜、チンゲンサイ、、、
そして白菜。

20170306

おひたしにして。
白菜(手前)とオータムポエム(奥)の蕾の食べ比べをしてみました。

白菜の蕾は、くせがなく甘みがあって美味しいです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

柏の葉T-SITEへ

3月2日オープンした柏の葉T-SITEに行ってきました!
代官山、湘南、枚方に続く、全国で4ヵ所目のT-SITE。

柏の葉キャンパス駅を降りて、
オークファームを右手に見ながら
歩くこと5分くらい。

貯水池を親水空間にした景観が広がります。

201703042

ここはまるで別世界。
畑の近くだということを忘れてしまいます。

今回は、パンを買ってランチをして。
それと何のお店が入っているかぐるっと見てきました。
2階はキッズの本やおもちゃ、体験コーナーなど充実していて。
今度ゆっくり行きたいです♪

201703041

お店のファサードが一部、柏の葉の模様です。
建築的にもランドスケープ的にも楽しませてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

ひな祭り

3月3日はひな祭り。
桃の節句です。

20170303

男の子しかいないのでひな人形は飾りませんが、
今年は、行事食でお祝いしたいなと。

ひな祭りと言えば、ちらし寿司とはまぐりの潮汁。

ですが、お酢が苦手な息子でも食べられるように
ちらし寿司の代わりに手巻き寿司にしてみました。
あとはまぐりの潮汁の代わりにしじみの味噌汁。
雰囲気だけでもcoldsweats01

手巻き寿司の具は、
いくら、ネギトロ、かにかまぼこ、ひきわり納豆、卵焼き、
キュウリ、梅、たくあん。

酢飯ではなく白ご飯と好きな具を自分でのせて。
息子はつくるところから楽しんでしました♪

たくあんがアクセントになって美味しかったです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

苦みのある春の野菜

春の訪れを告げる野菜や山菜を見かけるようになりました。
菜の花、ふきのとう、たらの芽、たけのこ、、、

20170302_2

「春は苦みを盛れ」といわれます。

苦味、香りの強い春の野菜や山菜には、
冬の間にたまった老廃物や脂肪を体内から出してくれる
解毒作用もあります。

春には苦味のあるものを食べて体を目覚めさせると良いですね!

冬眠から目覚めた熊が最初に食べるのも「ふきのとう」だそうですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

食べられる花 オオイヌノフグリ

1月は行く、2月は逃げる、3月は去ると言われますが
今日から3月、早いですhappy02

20170301

早春から花を咲かせているオオイヌノフグリ。
このお花、食べられるということで。

3月3日はひな祭り。
ちらし寿司にのせても素敵ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »