« たくあんの隠し味 | トップページ | 息子とたくあんづくり »

2017年1月21日 (土)

講座*たくあんづくり2回目

今回の講座ではたくあんをつくるために
干した大根を漬けました。

漬け床は、
米ぬか、塩、ざらめ糖、唐辛子、昆布と
干した柿、リンゴ、ミカンの皮を混ぜたもの。

201701221

大根の葉を切り落とした後、
芯をやわらかくするためにまな板の上で転がします。

樽の底に漬け床の材料を入れ、
大根をすき間がないように敷き詰めていきます。
すき間ができたところには干し葉を入れて。

201701222

漬け床と大根を交互に重ねていきます。
最後に干し葉をかぶせ、漬け床の材料を多めに入れます。

重石は重め。
大根の重さの3倍を乗せます。

そうすると1週間くらいすると水が上がってきて
1ヶ月ほど漬けたら食べられますよ☆

農閑期に
自家製たくあんづくりしてみませんか。


|

« たくあんの隠し味 | トップページ | 息子とたくあんづくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547087/64797322

この記事へのトラックバック一覧です: 講座*たくあんづくり2回目:

« たくあんの隠し味 | トップページ | 息子とたくあんづくり »