« 栄養満点プチベールのジュース | トップページ | 切干大根 »

2015年2月17日 (火)

大根わっか症

午前中は雪がちらついていましたが、
午後にはやんで夕方から雨になりました。

野菜が病気にならないように元気に育てる努力をしていますが、
それでも病気にかかってしまうこともあります。
大根の葉に11月下旬頃から白さび病が出ました。

201502171

かびによる病気で、白色の斑点が破れて粉状の胞子を飛ばし広がっていきます。
大根の首の部分には、リング状の黒色の斑紋ができて「わっか症」と呼ばれています。
雨が多く、春と秋に低温の年に多く発生するようです。

対策として、
病状が出た葉の早期摘み取りと
予防をかねて石灰防除(石灰1000倍液の上澄みを散布)で
ほとんど葉のみの被害で、抑えられたのですが、、、

先日わっか症になった大根を1本みつけました。

201502172

斑紋の深さは表面1〜2mmなので、皮をむけば食べられるのですが。
病原菌は、土の残渣の中に残るので、秋作の大根への影響が心配です。
まずは土づくりから。しっかりやっていきたいと思います。

|

« 栄養満点プチベールのジュース | トップページ | 切干大根 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547087/61157170

この記事へのトラックバック一覧です: 大根わっか症:

« 栄養満点プチベールのジュース | トップページ | 切干大根 »