« 草を見て土を知る | トップページ | 水仙のお花は良い香り »

2015年1月12日 (月)

講座*冬野菜の管理とたくあんづくり2

土日は、良いお天気に恵まれ農作業日和でした。

今回の講座内容は、収穫と野菜の管理。
農閑期なので、さほど作業はありません。
そんな時期にやりたかったのが、冬の保存食たくあんづくりです。

前回の講座で大根を干して、つの字に曲がるくらいになればと思っていましたが、
寒風きびしく、予定以上に水分が抜けて小さくなってしまいました。

201501121

葉をばらばらにならないように切り落とし、
やわらかくするため、大根をコロコロ転がします。
大根の干し葉も後で使います。

201501122

米ぬか、塩、砂糖、昆布、唐辛子、干した果物の皮(柿、ミカン、リンゴなど)を
混ぜたものを用意。
黄色く色付けしたい場合は、クチナシの実やウコンがあると良いそうです。

隙間なく大根を敷き詰めます。ここがポイント!
隙間には干し葉を詰めると良いですよ。

大根を詰めて、大根が隠れるくらいの米ぬかを入れてを繰り返し、
最後に干し葉をかぶせたら、
干し大根の重さの3倍くらいの重石を乗せます。

1週間くらいしたら水が上がっているのを確認し、
1ヶ月後に漬けあがるのを待つばかり。

大根の干し加減が気になるところですが、、、
美味しいたくあんができると嬉しいです。

|

« 草を見て土を知る | トップページ | 水仙のお花は良い香り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547087/60975581

この記事へのトラックバック一覧です: 講座*冬野菜の管理とたくあんづくり2:

« 草を見て土を知る | トップページ | 水仙のお花は良い香り »