« どこの部分を食べているでしょう?カブ編 | トップページ | 講座*冬支度とたくあんづくり »

2014年12月22日 (月)

朔旦冬至

12月22日は冬至ですね。
ご存知の通り1年で1番昼が短い日。

この日を境に昼の時間がどんどん長くなっていくということで、
太陽の復活の日とされ、日本でも昔からお祝いされてきました。

今年は19年に1度の特別な冬至、朔旦冬至(さくたんとうじ)だそうで。
冬至と新月が重なり、太陽の復活と月の復活を同日にお祝いできる
とってもおめでたい日なんです!!

太陰太陽暦が使われていた頃は、新月から次の新月の前日までが1ヶ月とされ、
1年の起点となる冬至と、1日となる新月がぴたっと重なるのは
朔旦冬至だけ。
19年に1度しかない、それはそれはおめでたい日だったことと思います。


20141222

昔はどんなお祝いをしていたのかなと想像しながら、
我が家では柚子湯に入り、地味にですが朔旦冬至をお祝いです。
果汁を絞るとピリピリ肌に刺激があるので、
皮を少しむいて柚子の香りを楽しみました♪

|

« どこの部分を食べているでしょう?カブ編 | トップページ | 講座*冬支度とたくあんづくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547087/60870055

この記事へのトラックバック一覧です: 朔旦冬至:

« どこの部分を食べているでしょう?カブ編 | トップページ | 講座*冬支度とたくあんづくり »