« シャボン玉 | トップページ | 秋冬野菜の生長の様子 »

2014年11月14日 (金)

春菊の摘芯

朝晩冷え込みましたが、日中は良いお天気。

今日は、摘芯について。

収穫量UPにつなげるには、栄養を分散もしくは集中させる作業が大切です。
摘芯とは、栄養を分散させること。
中心の茎を摘み取ることで、わき芽をたくさん伸ばしていきますよ。

摘芯すると良い野菜はというと、バジル、シソ、モロヘイヤ、菜の花、春菊などの
葉物野菜です。

10月下旬に植付けした春菊も大きく育ってきました。
摘芯する時期は、草丈20cmくらいの頃。

摘芯する前の春菊がこちら。
201411141

摘芯した後の春菊がこちら。
201411142

難しいのが、摘芯する位置ですが、
下葉5〜6枚残して摘芯します。

すでにわき芽が出てきていますが、わき芽の下の葉の数を数えます。
といっても、わかりにくいときは、、、品種にもよるかもしれませんが、
下から3cmくらいのところを切ってもらえると良いと思います。

切りすぎではと思うかもしれませんが、
春菊の場合、思い切って摘芯してもらった方が、わき芽が伸びやすいですよ。
過去の教訓から学びました。

|

« シャボン玉 | トップページ | 秋冬野菜の生長の様子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547087/60654432

この記事へのトラックバック一覧です: 春菊の摘芯:

« シャボン玉 | トップページ | 秋冬野菜の生長の様子 »