« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月に作成された記事

2010年10月31日 (日)

クロッカスの水耕栽培

101031

今年もはじめました。

クロッカスの水耕栽培。

秋植え球根、チューリップやスイセン、ユリなど
いろいろ出てます☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

手づくり漬物容器

こんばんは☆
今日はほんと寒いですね。

しその実を漬けているときに思ったのですが、
かわいい漬物容器ないかなと。

探しました〜そして見つけました〜
吹きガラスの手づくり漬物容器。

101028

WORK SHOP JAMの商品。
サイズや色もそろってます!
私は、バブル入りのものを購入。
いろいろ漬けたくなります♪

手づくりってあたたかみがあって好きですheart04

漬けているお野菜はというと、カブです。
最近ご飯のおともが多くて、、、太りそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

しその実の塩漬け

こんばんは。
木枯らし1号が吹いて、寒いです〜
お風邪引かれませんように。

虫の紹介もしたいのですが、、、
今日は保存料理の1つ、しその実の塩漬けです。

しそは、薬味だけではもったいない!
葉っぱだけでなく実も食べれて、
しそジュースや油味噌、しその葉の塩漬け
保存料理もいろいろ楽しめるお野菜です。

花が穂の下の方に少しついている状態で収穫すると良いですよ。
あっと言う間に花が散ってしまって、収穫適期を私は逃してしまいましたが。

1010271

つくり方です☆
しその実を指でしごき取り、よく洗います。
実の重さの200%の水に、実の重さの5%の塩をとかした塩水を用意。
重石をして半日ほど漬けてあくを抜きます。
塩水があくで茶色くなりますよ。
実をざるに上げ水気を切ったら、実の重さの20%の塩をまぶします。
さらに、重石をかけて2日ほど漬け込んだら完成。
保存瓶に移して冷蔵庫で保存します。

塩をまぶすときに梅酢を加えてもおいしそうですね。

赤しそ、青しそ、両方の実でつくってみましたが、
青しその実の方が香りが良かったです!
赤しその実は、あく抜きのときに香りが出てしまいました。

1010272

ご飯にのせたり、おにぎりにしていただきます。
プチプチっとした食感としその香りが楽しめますよ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

ダイコンとコカブの間引き

こんにちは。
日曜日の昼下がり。

10月3日に種まきしたダイコンとコカブですが、
本葉3〜4枚になったので1回目の間引きをします。

ダイコンは、1箇所3粒まいたので、1本抜いて2本立ちに、
コカブは、葉が重なりあっているところを間引きしました。

1010241

間引き作業は、のちのちの生長に影響しますので
思い切ってしてくださいね。

間引き菜だけでも、ちょっとした収穫です♪

お味噌汁に入れても良いですが、
こんな風にサラダで食べてもおいしいですよ〜

1010242

間引き菜を食べられるのは、家庭菜園での楽しみの1つです♫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

満月と虫退治

こんばんは。

1010232

今夜は満月。月がとってもきれいです。

10月20日は、十三夜の「豆名月」「栗名月」。
十五夜の後の月で、昔は十五夜と十三夜の両方を
お月見鑑賞する風習がありました。

月に関する興味深い話があるのですが、
虫の産卵は、満月に行われることが多いそうですよ。
なので、満月の3日後、卵が孵化する頃に防除すると
効果が高いということですね。お試しを☆

満月の夜は、サンゴやウミガメなどの産卵や人間も出産が多くなるなど
地球の生命は、月からの影響を受けているのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夜盗虫の赤ちゃん

久々の快晴ですね。
さわやかなお天気で、講座日和でした。

夜盗虫情報、第三弾。
今日は、夜盗虫が卵から孵化しているのを発見!

1010231

頭が黒くて体が緑のちっちゃい幼虫がたくさんいるの、見えますか?

50個以上の卵をかたまりで生むので、
生まれたときは、団体行動してます。
さわると糸をはいて落下します。

これが、あちこちに移動するわけですから恐ろしいshock
卵のうちに取除けると良いのですが。

ハクサイ、ブロッコリー、カブの葉では飽き足らず、
レタスや香りの強いバジル、毒があるジャガイモの葉まで
ムシャムシャ食べてます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

夜盗虫の若いころ

こんばんは☆

11月くらいまでは、虫退治に追われる日々。
無農薬栽培の場合は、3日に1回は少なくとも畑を見回らないと
葉がなくなっているなんてこともsweat01

ということで、近ごろ発生中の虫を何回かにわたって紹介します!

以前紹介しましたが、
大食いで困る虫、夜盗虫が活動中です。
若い頃と年取った頃で色が違うことに気付きました!

1010221

これが若い頃の幼齢幼虫。
緑色をしています。
アオムシと違って、つるっとした感じです。


それが年を取って老齢幼虫になると、灰黒色に。

1010222

[左下:幼齢 右上:老齢]

同じ幼虫なのに、色が変わるとは。
しかも活動時間まで変わります。
これでアオムシでもないし、コナガでもないし、
?な虫が、実は夜盗虫だったことがわかって、スッキリです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

しその塩漬け

こんにちは。
朝晩、冷え込んできましたね。

夏の間は葉の収穫を楽しませてくれたしそも、
この時期、花が咲いて、実をつけています。

1010203


しそは、葉も実も塩漬けにして保存できますよ〜
先日つくったしその葉の塩漬けを紹介します!
青しそ、赤しそでつくってみました。

まず、青じそ。
熱湯にさっとくぐらせます。
保存容器に、1枚ごとにひとつまみの塩をふり重ねていきます。

次に、赤じそ。
20%の塩でもみ灰汁を出します。出てきた灰汁は絞って捨てます。
ごしごしもんでも以外と葉は切れません。
さらに梅酢かレモン果汁を加えてもむと色が鮮やかに。
保存容器に、葉を広げて汁ごと保存します。

1010201

冷蔵庫で保存して、一晩漬け込めば食べられます。


海苔のかわりに、おにぎりにまいて食べるとおいしいです☆
しその香りがふわっと広がります。
青しその方は、ちょっとしょっぱかったので、、、
食べるときに塩をはらうと調度良さそうです。

赤と緑、両方つくると彩りもきれい。
殺菌効果もありますよー

1010202

しその実の塩漬けは、また後日紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

アスパラガスとカナヘビ

カナヘビくんは、今日はアスパラガスが気に入ったようで。

華奢なアスパラガスの葉にのぼっちゃうの!?
まるで空中散歩です。

101018

11月には冬眠に入ってしまうので、
こんなお茶目な姿を見れるのも年内あと少し。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

ジャガイモすくすく

こんにちは。
日曜日です。

9月18日に植付けたジャガイモの様子です。

2週間くらいで発芽しました。
土を持ち上げて、芽が出てくる姿は力強さを感じます♪

1010172

発芽後は、ぐんぐんと生長して
植付けから1ヶ月でこんなに大きくなりました。

101017

夏は日当たりが良かった庭も冬は日照不足傾向。
日向を好む野菜には、1日4時間は日差しが欲しいところですが、、、
う〜ん、足りてないです。収穫量に影響しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

秋の味覚 むかご

秋は、おいもの季節でもあります。
さといも、さつまいも、こんにゃくいもなどの収穫時期ですが
むかごもその1つ。

やまいもの葉のつけ根にできるのがむかごと知ったときは、驚きでした。
むかごとやまいもで2度おいしい野菜ですね。
むかごは、やまいもの種として子孫を効率的に残す役割があるそうです。

1010121

里山を歩いていると見かけたものですが、
今回は、平川さんの畑でなっていたものをいただいてきました。
むかごご飯でいただきます!

1010122

小粒でもやまいものコクと香りが楽しめて、美味〜

種芋に取っておいて、うまく発芽したら
来年庭で育ててみたいと思います☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

茗荷の梅酢漬け

茗荷が旬ですと先日お伝えしましたが、
猛暑の影響で収穫量は少なめかなと思っていたところ、、、
最近の秋雨で、茗荷が出てきてくれましたー

まとまって収穫できたので、早速梅酢漬けにしてみました♪

1010111

茗荷をよく洗います。
採りたては、土が間に入っていることがあるのでご注意下さい☆
水気をふきとった茗荷を保存ビンに入れます。
あとは、白梅酢を浸るくらい注げば完成!簡単ですね!!
冷蔵庫で保存し、1日後から食べられます。

白梅酢は、梅干しを漬けたときのものをとっておくと便利ですよ。
梅酢の代わりに、甘酢漬けにしてもおすすめです。

1010112

刻んで薬味やまぜご飯などでいただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

バジルごしのカナヘビ

3連休、いかがお過ごしですか?
雨上がり、庭仕事がはかどります。

サトイモの葉の上には水玉が。
水晶のようにきれいですshine

1010101


バジルの葉の間から顔をのぞかせたカナヘビくん。

101010

サイズ的に今年の夏生まれ。
愛らしい姿に癒されます♡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

お盆とミニボウル

101007

キッチンとダイニングがちょっと離れているので
料理を運ぶのに、お盆が欲しいなと思っていたところ、、、

やっと見つけました、好みのお盆。
微妙に楕円形なところと、手に馴染む感じに魅かれました。
使い込まれてる〜

お盆は、Promenadeで購入。
10月12日まで「古いお盆と、どんぶり、小皿、豆皿」展を開催中。
古いお盆を100点集めたそうで、素敵な企画でした。

器は、sora potter's workで購入。
沖縄に工房がある、最近お気に入りの作家さんです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

ダイコンとコカブの発芽

こんにちは。

種まきから5日目。
ハート型のかわいい双葉をのぞかせてくれました。

こちらがコカブ。
1010051

こちらがダイコン。
1010052

根菜類の種は、直まきにします。
根がまっすぐ伸びるので、移植が難しいからですbud

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

生姜の甘酢漬け

こんばんは☆

収穫野菜で保存料理をつくるのが最近の楽しみです♫

先日収穫した新生姜で、甘酢漬けをつくりました。

春に植え付けた親(種)生姜から子供の生姜(新生姜)が育ちます。
秋には親子一緒に収穫するのですが、
親も食べられる野菜は、他には一部のサトイモくらいで珍しいそうです。

1010041
[左が新生姜、右が種生姜]

甘酢漬けには、新生姜を使います。
土を落とすように洗い、皮ごと薄くスライスします。
さっと熱湯で茹でて、ざるにあげ、お湯をしっかりきります。

甘酢をつくります。生姜200gくらいの分量です。
お酢(1カップ)、砂糖(大さじ4)、塩(大さじ1/2)、
みりん(大さじ4)を入れて火にかけます。
沸いたら火を弱め、5分くらい煮て、粗熱が取れるまでおきます。

煮沸消毒したビンに、茹でた生姜を入れ、甘酢を注ぎ完成!
冷蔵庫で保存し、1週間後くらいから食べられます。

1010042

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

秋冬野菜の種まきと定植

過ごしやすい気候にやっとなりましたね。
一昨日おこなった種まき、定植の様子です。

ついつい私もたくさん苗を植付けたくなってしまうのですが、ここが肝心!
野菜が大きくなったときのことを考えて株間をちゃんと開けておかないと
あとあと大きく生長できませんsweat01

ハクサイとキャベツ、ブロッコリーの苗を植付けました。
こちらはいただいてきた苗なので、慎重に。
株間は45cmくらいです。

1010031

間にコンパニオンプランツのサニーレタスを+して。
キク科のレタスは、アブラナ科の野菜と一緒に植えると、
虫よけ効果が期待できます♪


種まきは、ダイコンとコカブの2品種。
ダイコンは、1箇所3粒の点まき。

1010032


コカブは、条まき。
間引きしながら育てていくので、2〜3cm間隔で種をまきました。

1010033


最後に、わらでマルチングして、作業は完了。
冬は霜よけ、夏は日よけに、
その他、乾燥防止や土壌病害の軽減効果などありますよ。

1010034


大きく育ちますように☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

土の中にいる虫

秋雨が続いて、なかなか畑仕事ができずweep
今日は、待ちに待った晴間です。
夏野菜を収穫、抜根後、土づくりして、種まき定植と大忙しでした。

秋ナスも今日で終わり。
花がたくさんついていましたが、
次の作付のためには、惜しい気持ちをこらえて抜根です。

アブラムシやハダニ被害がおさまらず、元気ないなと思っていたら
ナスの根が、ネコブセンチュウに寄生されているのを発見。
虫が寄ってくるのは、元気がない証拠ですね。

1010011

こちらネコブセンチュウは、
根をコブのようにふくらませ、養分を吸収して、生育を妨げます。
1mm以下のちっちゃな虫なので、肉眼では確認できませんが。

センチュウの対策方法には、土壌消毒の他、
マリーゴールドとの混植が効果あると言われているので
早速、植付けたいと思います!

このような一緒に植えると生育がよくなったり、病害虫を防ぐ効果をもつと
言われている植物の組合せをコンパニオンプランツといいます。
いろいろな組合せを菜園でも実践しています☆

ナスのコンパニオンプランツで育てていたのは、ショウガ。
収穫して、甘酢漬けなどに♪


土を耕しているとよく見かけるのがこちらの幼虫。
カブトムシの幼虫だったら嬉しいのですが、、、

1010012_2

コガネムシの幼虫です。
UPで見るとグロテスクですね。
30匹ぐらいゴロゴロ出てきました。。。

幼虫は根を食べ、成虫は葉を食べる困った虫。
せっかく植付た苗を食べられないように、見つけたら取除きます。

種まき、苗の定植の様子は、また後日UPしますconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »