« 茗荷が旬です☆ | トップページ | 天に向いてささげるように実る豆 »

2010年9月24日 (金)

トウガラシの乾燥

今日は、寒いくらいでしたね。

トウガラシやピーマンが、涼しくなってから元気です!
今年の夏は暑かったので、お休みしていたのでしょうか。
この時期になって、新芽や蕾がたくさんつき始めました。

トウガラシの赤くなった実を収穫しました☆

実だけ収穫して乾燥させるのも良いですが、
枝ごと収穫して乾燥させるのもおすすめです。

葉をもいで、逆さに吊るすと、こんな感じに。

100924

乾かしている姿も絵になります♪
このまま乾燥させて、使いたいときに枝からもぎとって。
雨のあたらない風通しが良いところで乾燥させます。

葉が手に入ったら、葉トウガラシで是非食べてみてください!!
これがとってもおいしくてびっくりします。
つくり方は、今度お知らせしますね。

|

« 茗荷が旬です☆ | トップページ | 天に向いてささげるように実る豆 »

コメント

いつも拝見させていただき参考にさせていただいております。

当方、家庭菜園で完全無農薬と有機栽培ををめざし本年で丸15年になりました。

マルチングも化学製品は99%まで使用せずに行ってきましたが、いつまで経っても素人の域を超えれず、人様の倍苦労して人様の半分の収穫です・・・本人はこれで満足しております。

5年ほど前から沖縄の友人から、島トウガラシ、島大根、島オクラ、うりずん豆、アバシゴーヤ、黒小豆、等々の種を頂き使用してきました。
ウリズン豆は3年で壊滅(播種してもとうとう生えてくることがなくなりました)
島トウガラシは昨年も本年も見事に成長し170cm~以上の高さにまで成長します(昨年は50本くらい、本年は20本)・・・が、実はほとんどつけません・・・10個くらいが精一杯で、今年も花が10月ごろから咲き始め各節々には小さな1mm程度の身がいっぱいついています。

赤い実は4個だけです。

昨年も同じ状況で、どうしたら良いのか悩んでおります。
もしご存知ならご教授いただけませんでしょうか?
突然にぶしつけなこととは思いますがよろしくお願いいたします。 なお当方は富山県です。

投稿: ごん | 2014年10月13日 (月) 13時09分

ごんさま
はじめまして。ブログ見てくださりありがとうございます!
有機栽培歴15年とは素晴らしいですね。
野菜づくりは、難しいところもありますが、楽しめることが一番ですよね。

さて、ご質問の島トウガラシの件、
土の状態やお使いの肥料がわかりませんが、
思い当たることを2つお答えさせてもらいます。

草丈170cm〜とは立派ですね。
原因の1つ目は、葉ばかりが茂るつるぼけ状態にあるのかなと思います。
元肥の窒素肥料分が多い可能性はありませんか?
その場合、来年は元肥を控えめにして、追肥で調整してみては良いかと。
花つき、実つきを良くするには、リン酸肥料を加えるのもおすすめです。
私は、リン酸肥料に海鳥の糞のグアノを使用しています。
肥料の効果が少なくなってきた今頃に、花と実つきが良くなったと考えるとつじつまが合います。

原因の2つ目は、虫被害はありませんでしたか?
ハダニがつくと、花がほとんど咲きません。
雨が少ない夏の時期に繁殖します。
葉裏に寄生して汁を吸うため、葉が白っぽくかすり状になっていたら要注意です。
ハダニ対策には、葉の裏表に水をかけると効果があります。

思い当たる原因はありましたか?
来年度の島トウガラシの収穫量UPにお役に立てれば嬉しいです。

霜が降りると枯れてしまうので、今ついている実は赤くならないかもしれませんが。
緑の実を利用したり、葉は葉トウガラシにすると美味しいですね。

投稿: ふき | 2014年10月14日 (火) 09時38分

過去ログで すみません
ちょっと びっくりしてので

えーーーーー

葉トウガラシって 
普通のトウガラシの葉っぱなの???

知りませんでした

ハバネロの葉とうがらしで
佃煮・・・

ちょっと いいかも?

投稿: WAKU | 2014年10月14日 (火) 18時09分

ご教授ありがとうございました。
お忙しいのに本当に申し訳ありませんでした。

菜園を始めた最初から米ぬかぼかしを先人の本等を参考に
させていただいてつくり使用してまいりました。
ここ数年は鶏糞と生米ぬかが主体となっております。

元肥としてほんのわずかだけ入れて追肥は今まで三回くらいでしょうか。 夏にはハダニも居なかったように思っております・・・予防策としてストチュウを作成し2~3回散布しております・・・・・

同好者からは余りにも肥料分を入れてないので笑われております・・・もっと入れろということで一度だけぼかし牛糞の農協から購入しいれたことはあります。

土質はまったくの砂地です(松の防砂林の縁です)

取り留めなく記しておりますが、ご多忙のところご教授まことにありがとうございました・・・先生のブログを参考に試行してまいります・・・・まことにありがとうございました。。

投稿: ごん | 2014年10月15日 (水) 08時57分

WAKUさん

いつもコメントありがとうございます!

そんなに驚かれると心配になってしまいましたが、、、
そうなんですよ。葉唐辛子は、唐辛子の葉っぱでつくります。
ピーマンの葉っぱでもつくれますよ。

実の辛さに比例して葉も辛くなるのかは、まだ試していませんが、
唐辛子好きのWAKUさん、もしわかったら教えてください!

投稿: ふき | 2014年10月15日 (水) 21時47分

ごんさま

お返事ありがとうございます!
原因解明にいたらず、申し訳ないです。

元肥の量は少ないのですね。量はどれくらいになりますか?
肥料が少ないと草丈は100cmも伸びてくれないので、栄養はあるように思います。
鶏糞は窒素分が多いので、それも関係しているのかもしれません。

ナスをもし同じように栽培されているようでしたら、よく実がつきますか?
肥料好きのナスと生長を比べることで、土の栄養状態がわかるので。

砂地は経験値が及ばないところですが、少しでもお役に立てたら嬉しいのですが。

投稿: ふき | 2014年10月17日 (金) 16時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547087/49550620

この記事へのトラックバック一覧です: トウガラシの乾燥:

« 茗荷が旬です☆ | トップページ | 天に向いてささげるように実る豆 »