« ショコラ | トップページ | レタスのトウ立ち »

2010年7月 4日 (日)

ゴーヤの摘芯

緑のカーテンにもなり、苦味が癖になる、夏野菜ゴーヤ。

実がならない、、、と
お困りの方いらっしゃいませんか?


ゴーヤは、親づるより子づる・孫づるにたくさん実がつくのです!

子づる、孫づるを出させるための作業が、摘芯です。
枝や蔓の先端を芯といって、これを摘み取ります。

一手間加えるだけで、実つきがよくなるなんて、
知らなきゃ損!損!ですね。


1回目の摘芯は、草丈30cmくらいの頃、親づるの先端を摘み取ります。
そうすると、親づると葉の脇から子づるが伸びてきます。

自家菜園のゴーヤは、勝手におそらく虫が摘芯してくれたみたいで、、、
摘芯しようとしたときには、すでに摘まれていたのでした。


2回目の摘芯は、草丈1mくらいの頃、子づるの先端を摘み取ります。
おわかりですね。子づると葉の脇から今度は孫づるが伸びてきます。

1007041

大きく生長していても間に合いますので、まだの方は先端を摘んであげてください。


あと、
実になる雌花は、8月頃から増えていきます。
日の長さが関係していて、昼の長さが夜の長さより長いとき、
つまり夏至までですね。雌花がつきにくいそうです。


摘芯したら、あとは8月まで実がなるのを待ちましょ♪


1007042

昨年育てたゴーヤのこぼれ種で育ったゴーヤ。
2代目に期待です!


|

« ショコラ | トップページ | レタスのトウ立ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547087/48822428

この記事へのトラックバック一覧です: ゴーヤの摘芯:

« ショコラ | トップページ | レタスのトウ立ち »