« 夏至と紫陽花 | トップページ | オクラとトウモロコシの間引き »

2010年7月 2日 (金)

ナスの仕立て方

ナスも日増しに大きくなって草丈50cmくらいになりました。

ナスの仕立て方は、いくつかありますが
3本仕立てで育てていきます。

一番花が目安となりますよ。
一番花のすぐ下と、その下にある勢いのあるわき芽2本を残して、
それより下のわき芽を摘みます。

主枝と残したわき芽2本で、3本枝を伸ばしていくのが3本仕立て。

↓写真には、残すわき芽2本が写っています。
一番花のすぐ下のわき芽っていうのがわかりにくいのですが、
花とわき芽、隣りあってます!

1007021


わき芽は、トマトと同じく
主枝と葉の間から出ている芽です↓

1007022

地面近くからもわき芽生えていますので、
よく見て摘んであげてくださいね。

葉っぱは、光合成に必要なのでそのままで。

紫色の実がなるナスって茎が紫色なんですよー

|

« 夏至と紫陽花 | トップページ | オクラとトウモロコシの間引き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547087/48761036

この記事へのトラックバック一覧です: ナスの仕立て方:

« 夏至と紫陽花 | トップページ | オクラとトウモロコシの間引き »