« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月に作成された記事

2010年7月28日 (水)

ゴーヤの結実

ゴーヤの雌花も、もうすぐ・・・
とお話していたら、

次々咲きはじめました。
花の根元がふくらんでいるこちらが雌花です。

100728

こんなに小さいのに、いっちょまえにゴーヤの姿をしています☆

雌花も雄花と同じく、一日花でした。
虫がたくさんいるので、受粉お願いしまーす。

葉の影でカマキリが待ちかまえていますが。。。

1007282

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

インゲンの花

おはようございますsun
今は良いお天気ですが、夕立今日も心配ですね。

インゲンのその後の様子ですー

発芽したインゲンは、自らつるを支柱にまきつけ、
上へ上へとのぼっていき・・・

1007271

1ヶ月後には、1.8mの支柱に覆い被さるほど、もさもさ葉を茂らせてます。

1007273

品種によって白、赤、紫などの花色がありますが、
このボルロットは、薄紫色のきれいな花を咲かせてます。
夏空を背景に、涼やかな感じです。

1007272

インゲンは、4月5月7月と3度種まきできることから
サンドマメとも言われています。
今からでも種まき、なんとか間に合いますね。

手間もかからず、育てやすいインゲン。おすすめです!
支柱を立てる場所がなければ、つるなし種が便利ですよ。
つるあり種の方が、つるなし種より収穫量は多いようですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

ゴーヤの花

この暑さで野菜も日中は、つらそうで
葉がしなっとなってます。

ゴーヤもぐんぐん生長して、屋根まで届きそうな勢いです。

1007231

雄花が咲き始めました。
黄色いやさしい感じのお花です。
一日花なので、次の日にはしぼんでしまいます。

1007232

雌花が咲くのも、もうすぐです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

ナスの梅酢漬

ナス、初収穫です♫

1007221

一番果は、早めに摘み取って
栄養を生長にまわしてあげるのが良いのですが、、、
ちょっと大きくしちゃいました。
これは千両2号という一般的な長卵型の品種。

教えてもらった梅酢漬でいただきます!

輪切りにしたナスに、梅酢を大さじ1杯くらい回しかけ、少しおきます。
梅酢は、梅干しを漬けるときにでるものを使うと良いですね。
ぎゅっぎゅっともんで、馴染ませます。
軽く絞ったらできあがり〜

1007222

簡単にできておいしい!
すっぱさっぱりで、夏にぴったりのお漬物ですdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

トマトの実

連日35℃の猛暑。
日中はぐったりです〜

出遅れたわが家の野菜たちも、もうすぐ収穫♪

中玉トマトは、赤く色づいてきました。

1007211

マイクロトマトは、まだ緑色ですが、
へたが冠のようでかわいらしいです☆

1007212

赤く熟すためには、太陽の光が必要なので
実に被さっている葉を、1、2枚摘んであげます。
この作業を玉出しと言うそうですcatface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

シソやバジルの葉が虫食いに

虫食い穴だらけのシソやバジルの葉。
このままだと食べるところがなくなりますweep

1007203

犯人は、よく見かけるこの虫↓

1007204

バッタも野菜の葉を食べる困った虫ですよ。
ナスの葉なんかも食べてます。


カナヘビは、コオロギやバッタを食べるということで
あげてみると、

1007205

う〜ん。バッタが大きくてまだ食べられない様子。
残念。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カナヘビの赤ちゃん

昨夜は、熱帯夜。
朝起きてみると、そんな不快さも忘れ去る出来事がありました。

カナヘビの赤ちゃんの誕生です!!

1007201

先日、飛石の下で見つけたカナヘビの卵。
実は、庭の改造計画で卵がつぶされないように、避難させていました。
上下が逆になると死んでしまうということで、目印をつけて、
土を湿らせ凹みをつくったところに、慎重に卵を保管。

残念ながら生まれる瞬間は見れなかったのですが、、、
元気に動き回っている2匹の赤ちゃんを見て、大感激です!

1007202

手乗りカナヘビもついに実現。
手の上で目を閉じて寝ちゃいましたー
めちゃかわいい♡
様子が気になってしょうがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

小暑と草取り

こんにちは。
2週間ぶりになってしまいごめんなさいsweat01

夏本番!暑いですね〜
梅雨明けして、蝉の声も聞こえるようになりました。

1007191
トマトの花もキラキラしてます☆

二十四節気は、7日から小暑です。
日差しも強く暑さも始まる頃。

夏野菜も収穫最盛期を迎えてます!
畑は2週間も放っておくと草ぼうぼう。
草取りで追われます。

「大農は草を見ずして草を取る
 中農は草を見て草を取る
 小農は草を見て草取らず」

草の種がこぼれてしまったら大変。
せめて草が小さいうちに取っておくと
後々楽だということを教わりました!!

小農から中農になれたかな。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

レタスのトウ立ち

レタスは、6月も後半になるとトウ立ちがはじまります。

1007111

花を咲かせようと、茎がぐ〜んと伸びてきているのがわかりますか?
レタスの場合、20℃以上の高温や長日条件にさらされるとトウ立ちが始まります。
こうなると葉の生長は止まり、苦味が出てきてしまいますbearing

ということでサニーレタス、今回最後の収穫。
サラダにしていただきまーす。

1007112

ドレッシングは、オリーブオイル、バルサミコ酢、塩、胡椒で味付けして。

種採りする場合は花を咲かせますが、
次の野菜が控えているため、レタスを抜根しました。
レタスの後は、モロヘイヤです♪

1007113

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

ゴーヤの摘芯

緑のカーテンにもなり、苦味が癖になる、夏野菜ゴーヤ。

実がならない、、、と
お困りの方いらっしゃいませんか?


ゴーヤは、親づるより子づる・孫づるにたくさん実がつくのです!

子づる、孫づるを出させるための作業が、摘芯です。
枝や蔓の先端を芯といって、これを摘み取ります。

一手間加えるだけで、実つきがよくなるなんて、
知らなきゃ損!損!ですね。


1回目の摘芯は、草丈30cmくらいの頃、親づるの先端を摘み取ります。
そうすると、親づると葉の脇から子づるが伸びてきます。

自家菜園のゴーヤは、勝手におそらく虫が摘芯してくれたみたいで、、、
摘芯しようとしたときには、すでに摘まれていたのでした。


2回目の摘芯は、草丈1mくらいの頃、子づるの先端を摘み取ります。
おわかりですね。子づると葉の脇から今度は孫づるが伸びてきます。

1007041

大きく生長していても間に合いますので、まだの方は先端を摘んであげてください。


あと、
実になる雌花は、8月頃から増えていきます。
日の長さが関係していて、昼の長さが夜の長さより長いとき、
つまり夏至までですね。雌花がつきにくいそうです。


摘芯したら、あとは8月まで実がなるのを待ちましょ♪


1007042

昨年育てたゴーヤのこぼれ種で育ったゴーヤ。
2代目に期待です!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

ショコラ

野菜のお世話の話が続いたので、ちょっとブレイク。

実家にいる愛犬のショコラです♡

100704

かつての私の部屋は、ショコラの部屋となってますcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オクラとトウモロコシの間引き

春夏野菜は、いろいろお世話することがありますsweat01
ブログ、追いついてなくてごめんなさい。


オクラは、本葉4枚出ました。
1カ所4粒種をまいたところを、2本に間引きしました。

1007031


トウモロコシは、草丈15cmくらいになるまでに間引きします。
見てみると20cmくらいに生長してしますが、、、
1カ所3粒種まきしたところを1本抜いて、2本に間引きしました。

1007032

ストロベリーポップコーンは、茎の下の方が赤色です。


間引きは、込み合って生えている部分の芽を
一定の間隔になるように抜くことです。
間隔を保つように!と意識すると間引きしやすいですよ。
どっちの芽を抜こうかなと迷ったときは、元気な芽を残してください!

すっきりと風通し良くなったオクラとトウモロコシ。
すくすく生長してくれるといいな。

間引くのってもったいないと、どうしても思ってしまうのですが、、、
間引きした方が、後々の生長も良くなるので思い切って抜いてくださいね☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

ナスの仕立て方

ナスも日増しに大きくなって草丈50cmくらいになりました。

ナスの仕立て方は、いくつかありますが
3本仕立てで育てていきます。

一番花が目安となりますよ。
一番花のすぐ下と、その下にある勢いのあるわき芽2本を残して、
それより下のわき芽を摘みます。

主枝と残したわき芽2本で、3本枝を伸ばしていくのが3本仕立て。

↓写真には、残すわき芽2本が写っています。
一番花のすぐ下のわき芽っていうのがわかりにくいのですが、
花とわき芽、隣りあってます!

1007021


わき芽は、トマトと同じく
主枝と葉の間から出ている芽です↓

1007022

地面近くからもわき芽生えていますので、
よく見て摘んであげてくださいね。

葉っぱは、光合成に必要なのでそのままで。

紫色の実がなるナスって茎が紫色なんですよー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

夏至と紫陽花

早いもので、今日から7月。

6月21日から二十四節気は夏至です。
一年で一番昼の長い日。
畑仕事をしていても、夜7時になってもまだ明るいので
得した気分になります♫

待ちに待った春夏野菜の収穫期に入ります!
また、この時期から種まきできる野菜は、小豆、大豆、蕎麦などがあります。


アジサイの季節ですね。
この花が咲くと誕生日を思い出します。

青や紫、ピンク、赤色と色とりどり。
色が変わっていくことから、七変化の別名があるアジサイ。
植える場所によっても色が変わる植物です。
土壌が酸性だと青、アルカリ性だと赤が強くなるのは知っていましたが、
さらに、アルミニウムや肥料分の吸収度合が関係しているそうです。
きれいな色は、複雑なメカニズムから成り立っているのですねー
何色のアジサイがお好きですか?

100701

また、関東で蛍が見れるのもこの時期です。
昔はよく鎌倉にある里山の広町緑地に見に行っていました。
今年は行けるかな。。。

ご紹介できなかった夏至の前の二十四節気は、芒種(ぼうしゅ)。
昔はこの頃に田植えで忙しかったようで、
芒(のぎ)のある穀物の種をまく頃から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »