« インゲンの発芽 | トップページ | 金時草の悲劇 »

2010年6月17日 (木)

ニンジンの種まきと発芽

こんにちは。

発芽報告の締めは、ニンジンです☆

ニンジンの種は、毛が生えていて今にも動き出しそう。

1006171

バラまき方法で種まきしました。
種が小さいときは、種と土を混ぜてまくと、均等にまきやすいですよ。
1006172

最終株間は、5cmくらいですが、
少し多めに種をまいておいて、間引き菜を是非食べてください♪

種をまけたら、種が隠れるくらいの土をかぶせます。
ニンジンの種まき第一のポイントは、薄く土をかぶせること。
インゲンと同じく発芽に光が必要なんです。

あとは、種と土を密着させるため、ぎゅっぎゅっと上から押さえて、
マルチングの藁をかけて、やさしく水やりをしたら種まき完了です!

第二のポイントは、発芽まで乾燥させないこと。
水を切らさないようにします。
マルチングの藁をかけるといろいろ良いことがあるのですが、
土の乾燥も緩和してくれますよ。

芽が出れば成功といわれるほど、発芽までが難しいニンジン。

ニンジンの芽が出ない・・・なんてときは、
覆土が厚くないですか?
土は乾燥していませんか?
日はよく当たっていますか?


種まき後、1週間で発芽がそろいました。
芽が出て、良かった〜

1006173

ニンジンの双葉は、シュッシュッとした細い葉がかわいらしいです。
飛べそうですね。

|

« インゲンの発芽 | トップページ | 金時草の悲劇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547087/48664787

この記事へのトラックバック一覧です: ニンジンの種まきと発芽:

« インゲンの発芽 | トップページ | 金時草の悲劇 »