« そばかす模様のスミレ | トップページ | エンドウ豆の結実 »

2010年4月20日 (火)

ソラマメにつく虫

それは、、、アブラムシです。
日本に700種類以上生息すると言われるほど、種類が多い虫です。

100420

茎に並んで写っている緑色の虫、わかりますか?
よく見ると、脚や触覚は黒色です。
その名もずばり「ソラマメヒゲナガアブラムシ」だそうです。

無農薬でソラマメを育てているとかなりの確率でつきます。

放っておくと、アブラムシの塔のようになることも。
その姿を見るだけでもゾクゾクしますが、
葉の汁を吸って植物を弱らせたり、病原菌を媒介します。

被害が出る前に、対応するのがおすすめです!

先端の蕾にいることが多いので、
こまめに見てあげてください。

見つけたら、手でつぶすのが一番の近道。
地道な作業になりますが。

1匹が1ヶ月後には700匹になると聞き、
1匹たりとも逃すまいという気持ちで取除いていますsweat01
恐るべしアブラムシの繁殖力!

アブラムシのびっくりする生態と
つきにくくする方法は、またの機会にご紹介しまーす。

|

« そばかす模様のスミレ | トップページ | エンドウ豆の結実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547087/48143747

この記事へのトラックバック一覧です: ソラマメにつく虫:

« そばかす模様のスミレ | トップページ | エンドウ豆の結実 »