« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月に作成された記事

2010年2月28日 (日)

雨水とトウ立ち

2月19日から3月5日は、二十四節気の雨水です。
気温が少しずつ上昇し、雪が雨に変わる頃。

この頃降る雨を春雨や木の芽おこしの雨と言うそうです。
雨が多くてやだな〜とつい思ってしまいますが、
植物の芽出しのための雨だと思うと、やさしい気持ちになれます。

フキノトウやカラスノエンドウなどの野草も見られる季節となりました。

1002281

1002282
[平川さんからいただいたフキノトウで草かざり]

フキノトウは、トウ(薹)を食べる代表的なお野菜。
他にトウを食べられるものというと、アブラナ科のお野菜ですね。
十字のお花が特徴です。
キャベツ、コマツナ、チンゲンサイ、カブなどなど、ナバナのように蕾を食べます。
中でもハクサイの蕾は、珍味とのことですよ〜
トウを食べて春の味覚を感じてみてくださいwink

1002284
[赤紫色の茎が美しい紅菜苔:アブラナ科・中国野菜]

トウを食べる楽しみがある野菜は良いとして、
トウ立ちが起こると、いつも食べている部分の葉や根は、
生長が止まり、固くなって食べ頃を過ぎてしまいます。

トウ立ちとは、花芽をつけた茎が伸びてくること。
トウ立ちする条件は、温度や日長、生長度合の3つで、野菜ごとに決まっています。

この時期に見られるトウ立ちしたお野菜は、
冬の寒さにあたってきた苗が、春の暖かさを感じて
温度の影響によって花芽をつけてきているのですね。

水耕栽培で育てていた小さなダイコンもこんな感じに↓
茎がぐ〜んと伸びてきてます。

1002283

昨日の農園講座でも、地味だけど美しい野菜のお花の紹介や
トウ立ちの仕組みなど、野菜のお花についてお話しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

タジン鍋が仲間入り

こんばんは。
春らしい日差しが戻ってきましたねshine

待ちに待ったこちら↓が到着しました。

1002231

ハクション大魔王が出てきそうな魔法の壺のようにも見えますが、、、
最近、話題の?タジン鍋です。

モロッコのお鍋だそうです。

三角形の形に秘密があって
蒸気を効率よく対流させ、少ない水で調理ができる優れもの!
煮込んだり蒸したり焼いたり炒めたりといろいろなお料理に使えて大活躍!!

ということで、1号は、エミール・アンリのMサイズを購入しました。
大は小を兼ねるといことで、2〜3人用のサイズを選びましたが、
思ったより大きかったかなぁ。
これは陶器ですが、鋳物など素材や色も形も種類豊富にあるようですよ。


タジン鍋での最初のお料理は、
収穫したブロッコリー、キャベツと
秋に収穫してストックしておいたジャガイモ、紫のサツマイモで
蒸し野菜をつくりました。
つくると言っても、洗って切って並べたら、水を入れて弱火で15分ほど蒸すだけ。
簡単です!

1002232

塩+オリーブオイルと手づくり味噌+マヨネーズの2種類のソースでいただきました♪
ただ蒸しただけなのに、野菜ってこんなに甘いのーとびっくりするくらい
甘くておいしくなりますよdelicious

野菜の味を引き出し、栄養も逃さない蒸し野菜料理に、タジン鍋はぴったりです。

ちょっと失敗だったのは、ブロッコリーは蒸し過ぎでくずれてしまったこと。
ブロッコリーの蒸し時間は、もっと短めで良さそうです。

蒸し野菜以外にも豆料理やラタトゥイユ、カレーなどなど野菜料理にも使えて
断然、料理が楽しくなりそう。

鍋ごとテーブルに出せるのも便利です。
洗いものも減りますねwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

クロッカスの水耕栽培 その後のその後

クロッカスの水耕栽培に急展開です!

余韻を楽しむ間もなく、いきなりお花が咲いているのを発見。
全然、気付きませんでしたsweat01

1002191

白の花びらに紫色のラインが入って、
自然生まれのデザインセンスに脱帽です。

クロッカスは、蕾の状態がなかったのかな?
と観察してみると、、、

1002193

薄い膜の中にひっそりと蕾が隠れていました↑
奥床しい姿です。

1002192

数時間後にもう一度見てみたら、その薄い膜を破ってなんと蕾が出現。
明日には、咲きそうな勢いです。

葉が出てから約1ヶ月半でお花が咲いてくれましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

夏みかんのマーマレード

こんばんは☆
朝起きたら、積もっていた雪もsnow
午後には久々の日差しも出て、あっという間に解けていました。
今年は例年より多く雪が降りましたが、それも最後でしょうか。

実家からもらった夏みかんのつづきです。

1002181

生で食べてみるとすっぱい〜
この時期の夏みかんは、お砂糖を使ったレシピが良いですね。

マーマレードをつくりました。
おいしくできる秘訣を教えちゃいます♪

レシピ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
できれば無農薬の夏みかんを用意します。
今回は、5個(1500g)使いました。

まず、皮と実を分けます。

皮は、半分の2.5個分使います。
せん切り(1mm)にした皮を水に浸し、色が出た水を2〜3回交換します。
そのまま水に3時間ほどつけて、あくを抜きます。

実は、種と薄皮を取除いておきます。←ここがちょっと大変。

次がポイントですよflair

皮と実にお砂糖(夏みかんの重さの60%)をまぶして、
水があがるまで数時間から一晩おきます。

1002182

弱火で時々かき混ぜながら、1時間30分くらい煮つめます。

冷めると固くなるので、少し早いかなというところで火をとめます。

煮沸消毒(瓶10分、蓋3分)しておいた瓶に、ジャムが熱いうちに入れ
蓋をして逆さまにして空気を抜けば、完成です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1002183

今回もお砂糖は、サトウキビを使用しているので、
色は濃いめに出来上がってます。

パンにぬったり、ヨーグルトに入れたり、クラッカーにのせたりと
食べ方もいろいろですdelicious

1002184

ジャムづくりの秘訣、、、
それは、お水を加えません!
果実から出る水分だけで煮込むので、
おいしさがギュッ〜と凝縮されるんです。

是非、お試し下さい♡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

夏みかんピールチョコ

毎日寒いですね〜
暖かい日差しが恋しいこの頃です。

実家からマーマレードをつくろうともらった夏みかん。

今年もたわわに実をつけています。
冬に実がなっているのに、夏みかん??
名前の由来が気になり、調べてみると・・・
強い酸味も初夏まで待つと酸味が減り生食できるところから
夏食べ頃を向えるみかん、夏みかんと言われるようになったとか。
なるほど。

1002141

よーく写真を見てみると、いくつか中身がくりぬかれているのがわかりますか?
これは、リスが食べた跡なんです。
ずいぶんきれいに食べるもんですね↓

1002142

実家の辺りでは、食べ頃になると、リスが夏みかんを食べに来ます。
トウモロコシも一番美味しいとき目がけて、カラスがやってきますが、
動物たちが食べ頃、採り頃を教えてくれることがあります。
先に全部食べられてしまうのは困りますが、、、
私にとっては、おいしい時期の目安にもなっています。


お料理の話に戻りますが、
マーマレードをつくるには、実の他にも皮を半分使います。
残りの半分の皮も有効利用&今日はバレンタインということで、
夏みかんのピールチョコ(オランジェット)を手づくりしてみました♪

1002143

つくり方は、
夏みかん(1個)を4等分に切って、皮と実をはがします。
苦味の元、白いわたを皮から1/3くらい削ぎ取ります。
皮を7mmくらいに細切りし、水にさらしてもみ洗いを2〜3回繰り返します。
5分ほど皮を茹で、水を切ります。
小鍋に皮と砂糖(皮の重さの70%)を加え、1時間ほど置きます。
弱火で焦がさないように、皮が透明になるまで30分くらい煮詰めます。
途中、お好みでブランデーを振りかけると、風味付になります。
表面が乾燥したら、湯煎(50℃くらい)で溶かしたチョコレートをコーティング。
クッキングシートの上などに並べてチョコレートが固まれば完成です!
夏みかん1個で24本くらいできますよ。

あく抜き処理などちょっと手間はかかりますが、
さすが手づくり、美味しい!
冷やして食べると、さらに美味しい!!


フルーツチョコつながりで、つくったもう1品は、
イチゴチョコです。

1002144

洗ってへたをとったイチゴに、湯煎で溶かしたホワイトチョコレートをコーティング。

こちらは、とっても簡単。
実は、レストランのデザートで食べて、あまりの美味しさに真似してみました。
お子様にも喜ばれるかわいさ&味ですよ。

チョコレートの甘さとフルーツの酸味・フレッシュさがマッチして、
絶妙なハーモニーですhappy02

失敗なく、美味しくできるマーマレードのつくり方は、次回また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

タマネギの栽培いろいろ

タマネギには、いろいろな栽培方法があるのをご存知ですか?
今回は、その栽培方法をご紹介しまーす。

1つ目は、種をまいて秋に苗を植付け、初夏に収穫する一般的な栽培方法
2つ目は、2cmくらいの子球を夏に植付けて、秋冬に収穫する方法(セット栽培)。
3つ目は、いつも食べているタマネギを植付けて収穫する方法。

平川さんからいただいた芽が出たタマネギで、
早速3つ目の方法にもチャレンジ!
発芽抑制処理されていると芽が出にくいのでご注意くださいね。

1002121

プランターと土を用意して、芽が土の上に出るように植付けます。

1002122

この栽培方法だと、大球1球ではなく、1球がいくつかに分球したものができます。
葉もネギのように食べられて、良いですね。

栽培時期は、いつからでも大丈夫とのこと。
芽が出そうなタマネギがありましたら、、、
是非、ご家庭でも試してみてくださいwink
本にはなかなか載っていない、農家の知恵。素敵です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

エンドウ豆の誘引

1週間ぶりでごめんなさいsweat01

一昨日の春の陽気とは一変、冬に逆戻り。
寒いですね〜
体調、くずされていませんか?

11月15日に種まきしたエンドウ豆。
発芽して、その後の様子です。

寒さに耐えながらも、草丈20cmくらいに生長しました。

巻ひげも立派に生えてきて、つかまるところを自ら探しあてたようです↓

1002101

こちらのエンドウ豆は、手っ取り早いところで近場のワケギに絡みついてますね↓

1002102

伸びて欲しい方向に、つるをネットに麻紐でくくりつけて誘引しました↓

1002103

昨夏からのゴーヤのネットをそのまま利用していますが、
つるの誘引には、支柱を使っても良いですよ。
支柱の立て方は、2mくらいの竹支柱を3本立てて、
上でひとつに束ねるとナチュラルな雰囲気に。

これから暖かくなると、ぐんぐん生長していきますsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

立春と畑仕事こと始め

待ちに待った立春です。
二十四節気の最初の節。
暦の上では、春ですよ♪
寒は明けましたが、もうしばらく寒い日が続きそうですね。
凛とした空気の中に、日差しは心なしかやわらかさを感じます。

畑仕事もこと始め。
作付計画で選んだ種を発注して、種まき準備に備えます。

梅の花が咲いたら、ジャガイモの植付け合図です。
畑が凍らなくなった頃から3月下旬までに植付けします。

1002041
春の訪れを告げる、オオイヌノフグリ。

ゴマノハグサ科の帰化植物。
花の寿命は一日とはかない花です。
気の毒な名前の由来は、、、
その由来となった実の写真が撮れたら紹介します〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

節分で福よ来い!

2月3日は、雑節(ざっせつ)の節分ですね。

雑節とは、二十四節気を補う形で考えられた日本独自の暦だそうで、
季節の変わり目を知らせ、農作業の目印にされてきました。

節分は、今では冬と春の境目、立春の前日、
旧暦でいう大晦日にあたります。

鬼(邪気)を追い払って春の神様を迎えるため、
今年は3つの風習を実践してみました〜


まず、いわしの頭をヒイラギの枝に刺して戸口に飾るという節分飾りに初挑戦。
いわしの悪臭とヒイラギの棘で鬼を追い払うという魔よけの意味があるそうです。
いわしはちょっと抵抗があったので、、、
ヒイラギだけ飾ってみました↓

1002031

玄関上部の長押(なげし)にヒイラギをさしてみると、良い感じに納まりました。
古いお家には、逆に機能的だなって思う構造があちこちに残っていて便利です♪


そして、夜には毎年恒例の豆まき。
みなさんも豆まきしましたか?
不幸を追い払い、福が入ってくるように「鬼は外」「福は内」と
小声ながらしっかり豆をまきました。
外の豆は、きっと鳥が食べてくれますよね。

豆まきが終わったら、まいた豆を年の数だけ食べて、無病息災を願いますが、
年の数は食べきれず、数粒いただきました。
食べきれない場合は、その豆で入れたお茶「福茶」を飲んでも良いそうですよjapanesetea


1002032


最後に、恵方巻にも初挑戦。
「福を巻き込む」太巻き寿司を恵方を向いて無言で丸かじりすると、
健康でいられるとか。
今年の恵方は、西南西だそうです。
あちこちのお店で売られていた恵方巻。
バレンタインと同じく商売のにおいを感じてしまいましたが、、、
気分を盛り上げるという意味で、恵方巻食べてみました。
七福神にちなんで7種類の具が入っていて美味しかったですdelicious


節分の風習もいろいろあるのですね。
季節の訪れを感じられた、楽しい一日となりましたconfident
福よ来い来い、福よ来い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

雪ぼうしの野菜たち

昨夜から降り始めた雪snow
今朝、窓を開けてみると、、、
外は一面、銀世界ですshine

100202

芽キャベツも雪ぼうしをかぶって、かわいらしい姿に。

東京近辺では雪が積もることは、最近1年に1回あるかないか。
雪景色を見るのが楽しみで、そんな日は早起きもなんのそのです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »