« 立冬と食用菊 | トップページ | クロッカスの水耕栽培 »

2009年11月 9日 (月)

天道虫

こんばんは。
無農薬で野菜を育てていると、葉っぱを食べられてしまったり・・・
虫や病気の被害に困ってしまうことがありますね。

虫のことを調べていくうちに、不思議な虫の世界にはまってしまいましたhappy02
昔は苦手だった虫も、今では捕まえて観察するのが日課です。

大切に育てた野菜を食べてしまう困った虫から、
そんな虫を食べてくれるお助け虫など紹介していきます!

今日は、こちらの幼虫。
害虫と間違えて、駆除してきた方も多いのでは?
私もちょっと前までは、そうでした。。。

0911091

成虫の姿はよく見かけると思いますが、、、
テントウムシの幼虫なんです!

テントウムシは、日本には約180種類もいるそうで、
写真の幼虫は、その中でも馴染み深いナナホシテントウの
幼虫です。おトイレ中を失礼しました。

代表的な種類のもう1つは、ナミテントウ。
名前の由来は、並にいるテントウムシだからとか。
黒地に赤い二紋・四紋、赤や黄色地に黒い細かい紋なども
同じ仲間だそうです。

0911092
[ナミテントウ]
 
ナナホシテントウやナミテントウなどの肉食性のテントウムシは、
アブラムシの天敵で、幼虫、成虫ともアブラムシを食べてくれます。
今度見つけたら、見守ってあげてくださいね〜

農薬を使うと、害虫もいなくなる代わりに、天敵も来なくなってしまいます。
家庭菜園では、天敵の力も借りながら病害虫対策を行っていけたら、環境にも人にもやさしく良いですよね♪

|

« 立冬と食用菊 | トップページ | クロッカスの水耕栽培 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547087/46727517

この記事へのトラックバック一覧です: 天道虫:

« 立冬と食用菊 | トップページ | クロッカスの水耕栽培 »