« クロッカスの水耕栽培 | トップページ | ミズナのハリハリ鍋 »

2009年11月15日 (日)

エンドウ豆の種まき

こんにちは。
今日は、小春日和でしたね。

こんな日は、庭仕事が進みます♪

草むしりをした後、ゴーヤのつるをやっと片付けて、、、
ゴーヤが植わっていた場所にエンドウ豆の種をまきました!

路地ではなくプランターで、エンドウ豆は育てていきます。
サワラ材のプランターですが、だいぶ年季が入ってきてますねsweat01

まず、土に元肥を入れてよくかき混ぜます。
元肥は、生育中期までの基本的な栄養源。
私は、米ぬかとおからが主成分のボカシ肥料を使っています。

次に、種まきです。
1ヶ所2粒ずつ種をまいて、1ヶ所1本になるように後で間引きます。

091115

最後に、マルチング用の藁を土の表面に敷いて準備完了です。

まいた種は、スナックエンドウとツタンカーメンのエンドウ豆の2種類。

エンドウ豆の種類は、
若いさやを食べるサヤエンドウ、
さやの中の豆を食べるグリーンピース、
さやごと豆を食べるスナックエンドウの3種類あります。
どの種類を育てるか選ぶのも楽しみの1つですね。

種まき時期は、年内だと10月中旬から11月下旬頃。
収穫時期の5月が、今から待ち遠しいです!

冬場貴重な緑の葉ときれいなお花も楽しめるエンドウ豆の栽培、
おすすめですよwink

生長の様子をまたお伝えしまーす。

|

« クロッカスの水耕栽培 | トップページ | ミズナのハリハリ鍋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547087/46775368

この記事へのトラックバック一覧です: エンドウ豆の種まき:

« クロッカスの水耕栽培 | トップページ | ミズナのハリハリ鍋 »